商社に強い転職エージェントランキング

商社転職TOP >> 職種別の商社業界の転職 >> 商社転職<貿易事務>

商社転職<貿易事務>

貿易事務とは、商材の輸出入に伴う様々な手続きを行う職業のことですが、商社、船舶業者、製造業、海運業者にとっては必須の職業の1つといえるでしょう。貿易事務に携わっている方が、商社転職を考えることがあるかもしれません。少し具体的に考えていきましょう。例えば、現在貿易事務に携わっている方が、商社に転職したい場合、転職に成功する可能性は高いといえるでしょう。というのは、貿易事務は英語力を必要としますが、実は高い英語力は必須でない場合がほとんどです。商社の規模にもよりますが、電話で英語をやりとりするケースは稀といえます。もちろんインボイスなどの書類は英語ですから、ある程度の英語力は求められます。また、PCでの書類作成がメイン業務となりますが、こちらもそれほど高いスキルが求められるわけではありません。

このため貿易事務は、語学スキルのある女性が比較的多く活躍している職業といえます。女性が多いということは、離職に伴う中途採用が多いということでもあります。実際に転職エージェントの運営する求人サイトで検索してみると、専門商社での貿易事務求人を簡単に探すことが出来ます。つまり、現職が貿易事務で、貿易の実務になじみがあれば、専門商社での貿易事務の戦力として十分計算できることになります。ただし、総合商社に貿易事務で転職することは、極めて難しいといえるでしょう。総合商社は専門商社に比べ、扱う商材の量が桁違いです。専門商社の輸出入がコンテナ単位である場合が多いのに対し、総合商社の輸出入は、船舶単位、タンカー単位である場合が少なくありません。このため、輸出入に際しての実務は、担当部門のチームで対応するか、専門の部署が担当します。つまり同じ貿易事務の経験でも、内容が全く異なるため総合商社では即戦力としては計算されないことになります。ただし、高い英語力と深い貿易関係の知識を生かして、専門商社から総合商社への転職を果たした方もいらっしゃいますので、可能性はないわけではありません。

最後に、貿易事務は未経験であってもトライしやすいことが特徴です。もし、ある程度の英語力とPCスキルをお持ちであれば、未経験であったとしても専門商社への転職は十分に期待できるはずです。実際に翻訳の仕事から、専門商社への転職をされた方や、営業系のお仕事から専門商社への転職を成功させた方もいらっしゃいます。もし、貿易事務分野に転職したい場合は、転職エージェントの求人サイトに目を通して、必要なスキルを磨いてから応募してみると可能性が高まるはずです。

商社の転職にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細



Copyright (C) 2013-2017 商社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.