商社に強い転職エージェントランキング

商社転職TOP >> 職種別の商社業界の転職 >> 商社転職<一般事務>

商社転職<一般事務>

一般職として、商社転職を考えている方もいらっしゃるかもしれません。そもそも、一般職とは総合職のアシスタント的な職業として認識されています。では商社勤務の一般職は、どのような仕事をしているのでしょうか。専門商社と総合商社によって、一般職の仕事内容は相当異なります。また総合商社であったとしても、企業によって一般職の仕事内容は大きく異なります。企業によっては、一般職の仕事内容でも英語は話せて当たり前、業務も多岐に渡り、責任もそれなりに大きい場合があります。一方日本語での事務仕事がメインで、一般企業の事務職とほとんど仕事内容が同じである場合も少なくありません。つまり、一般職として商社転職を考えている場合には、転職希望先の商社について、一般職の仕事内容をある程度把握しておかないと、失敗する可能性が高いといえるでしょう。

商社において、仕事を任されている一般職の場合、仕事内容は多岐に及びます。一例をあげると、日本語や英語での見積書や契約書の作成、インボイス(通関書類)の作成、営業担当の海外出張手配、海外の取引先との電話連絡やメールのやり取りを担当しています。もちろん、一般職であれば海外勤務となることはありません。しかし大きなプロジェクトがらみの出張の際は、営業担当と共に海外出張に同行する場合もあります。もちろん英語力は不可欠な職場といえるでしょう。つまり商社の一般職でも、それなりの働きを期待される場合が少なくないのです。

こうした点を考えてみると、一般職の商社転職も容易でないことがお分かり頂けたと思います。実際、商社の一般職の中途採用数は少ないですが、相当な人気があります。特に、英語力のスキルを持つ女性にとって、商社の一般職は根強い人気があるようです。このため、一般職として商社転職を成功させるためには、その他大勢の応募者との差を出していく必要があるといえるでしょう。その差をどこで出すのか、というと、それは転職したい商社、勤務する部門によって変わってくるはずです。経理部門での採用の場合には、簿記の資格が有利になるはずです。またエネルギー部門での採用の場合には、英語以外の外国語が話せれば好印象となるはずです。いずれにしても対策を行わななければ、商社転職を成功させることはできません。転職対策に転職エージェントを利用する方法もあります。また、転職サイトの商社一般職求人情報に目を通しておくのも良いでしょう。

商社の転職にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細



Copyright (C) 2013-2017 商社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.