商社に強い転職エージェントランキング

商社転職TOP >> 職種別の商社業界の転職 >> 商社転職<SE>

商社転職<SE>

システムエンジニア(SE)が、商社転職を考える場合、どのように成功させることが出来るのでしょうか。実はご存知のように「SE」というのは日本独特の呼び方です。一言でSEといっても、データベース系、セキュリティ系、ネットワーク系など、かなり種類がありますし、その境目もはっきりしていないのが現状です。このためSEの商社転職の一般的な動向に絞って考えてみることにします。まず、商社転職にSEは非常に有利です。というのは専門商社の社内SEだけでなく、総合商社の社内SEも相当数在籍しているからです。このため、商社が即戦力としてSEを採用する場合も少なくないのです。

総合商社の社内SEは、自社の取引情報などの膨大なデータを管理しているだけではありません。例えば、ある大手総合商社には、ビジネスサポート部門があります。多様化、グローバル化が進んでいるのが現在のビジネス環境です。世界中で働く社員が、独自の判断で動いていたのでは、経営面でマイナスになります。しかし、逐一指示を待っているのでは、ビジネスチャンスを逃すことにもなりかねません。つまり、データを基にした一貫した経営戦略を、リアルタイムで更新していく必要があります。この大手総合商社では、経営戦略やコーポレートガバナンスを、ITを利用することによって実現しています。年間数十兆円ともいわれる売上の裏には、経営戦略システムを構築するSEの働きがあるのです。

もちろん、総合商社には商材を販売するIT部門がある場合も少なくありません。実際にシステムを海外の企業や自治体に販売している場合もあります。こうした求人は、転職エージェントの運営する求人情報に定期的に出されています。社内SEの場合には英語力はそれほど要求されないようですが、IT部門での採用の場合には高い英語力が必要とされます。海外の顧客に対してプレゼンしたり、フォローしたりする必要があるからです。SEは多忙であるのが常識ですが、商社転職を考える際には英語力を磨く必要があります。もちろん英語力だけでなく、自分のスキルを商社側の求めているスキルとマッチさせる必要があります。このマッチングがSEの総合商社への転職のカギといえるでしょう。タイミングが悪いと、採用される可能性は減ってしまうからです。タイミングを逃さないためには、日ごろから商社の転職サイトをチェックしていく必要がありそうです。さらにSEに強い転職エージェントを利用すると、タイムリーな情報を得ることが出来るはずです。

商社の転職にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細



Copyright (C) 2013-2017 商社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.