商社に強い転職エージェントランキング

商社転職TOP >> 職種別の商社業界の転職 >> 商社転職<人事>

商社転職<人事>

一般企業の人事担当者が、商社への転職を考えることもあるかもしれません。また専門商社の人事担当者が、総合商社の人事部門に転職したい場合もあるでしょう。人事経験者が商社転職を成功させるためには、何が必要なのでしょうか。一般企業にもいえることですが、人事の仕事は特殊です。社員の不祥事や秘密を知りやすい部署だからです。このため、人事担当者には、能力と同時に人間性も求められます。また、人事部門は責任の重い部門の1つともいえます。人事部門が採用した社員次第で、企業の未来は大きく変わります。人事異動を間違えると、大損害を出してしまうこともありえます。特に商社であれば、取引額が数千億円の場合もあるでしょう。こうした点を考えると、総合商社の人事部門に転職することは、限りなく不可能に近いと考えられます。

もし総合商社の人事部門への転職を考えているのでしたら、その商社の企業理念を徹底的に理解していく必要があります。それと同時に、人材採用能力、教育力、調整力、コミュニケーション能力、高い英語力は必須といえるでしょう。特に人事部門は、役員クラスとの折衝が避けて通れない部門です。超巨大企業の役員と渡り合うためには、人事部門とはいえ一般企業で人事部長クラスの実績が必要とされるはずです。また、採用する人材の能力を見極めていく必要があります。総合商社に応募してくる人材は、英語ネイティブである場合も少なくありません。こうした人材の英語力を見極められるレベルの英語力も必要となります。当たり前のことですが、長期の海外駐在経験も必要です。海外事業所での人事担当経験があれば好印象でしょう。総合商社の人事部門の求人は、一般公開されることはまずありません。もし人事経験者で、総合商社に転職されたい場合は、転職エージェントを利用するのが必須といえるでしょう。

専門商社であれば、人事部門の求人は比較的見つけやすいはずです。ただし、人事専門というよりは、人事・総務部門といった傾向が強くなります。専門商社の人事・総務部門であれば、一般企業での人事部門経験者は優遇されます。また、人材派遣会社などでの勤務経験でも採用担当者に好印象のはずです。英語力があれば、例えばTOEICスコア650点以上なら内定の可能性はさらに高まるはずです。社会保険労務士などの資格も、転職には有利かもしれません。専門商社への転職なら、一般企業での総務経験がある場合にも、比較的転職しやすいはずです。

商社の転職にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細



Copyright (C) 2013-2017 商社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.