商社に強い転職エージェントランキング

商社転職TOP >> 職種別の商社業界の転職 >> 商社転職<営業>

商社転職<営業>

営業関連の仕事をされている方が、商社転職を考える場合もあるでしょう。また専門商社で営業をされている方が、総合商社に転職したい場合もあるでしょう。では営業職の方が商社転職を成功させるためには、どのような対策が必要なのでしょうか。営業とは、法人営業と個人営業で全くの別物と考えることが出来ます。商社転職において、採用する商社側が好印象なのは、法人営業の経験者です。というのは、総合商社の場合、国内・国外を問わず、取引相手となるのは大企業や自治体、場合によっては国家そのものだからです。

このため、法人営業を担当されている場合には、法人営業のスキルを高めると同時に、英語力をアップさせていくと商社転職を成功させやすいはずです。また転職先の商社を考える際には、現在営業を行っている商材と同じ商材を扱っている商社に絞って転職を考えると良いでしょう。法人営業スキルだけでなく、商材についてのノウハウも採用する商社側にとって好印象となるはずです。とはいえ、商社転職のライバルも法人営業経験者である場合が少なくありません。ライバルと差をつけるためにも、英語力や資格でアピールしていく必要がありそうです。

では、法人営業が未経験の場合は、商社転職は難しいのでしょうか。個人営業をメインに行ってきた場合でも、正しいステップを踏むことで商社転職を成功させることが可能です。まず、応募する商社側のニーズを探ることが必要です。個人営業であっても、扱っている商材と同じ分野の商材を扱っている商社があるかもしれません。こうした商社は知識面を好意的に見てくれるはずです。ただし、応募した商社の採用担当者に営業成績だけをPRするのは避けたほうが良いでしょう。というのは、商社側が求めているのは営業マンではなく、企画・提案できるタイプの人材であることが多いからです。このため、個人営業であっても、コンサルティング系の営業経験があれば、採用時に好評価となるはずです。いくらかでもこうした営業経験があるなら、書類選考時や面接時に積極的にアピールしたほうが良いでしょう。また、面接まで進んだ場合、採用担当者が見ているポイントは今までの実績だけでなく、コミュニケーション能力であることを忘れないでください。どの企業もそうですが、商社は特にチームの結束力が強いのが特徴です。商社転職を考えているということは、おそらく営業成績も素晴らしいはずですが、個人ではなくチームの力で、営業成績を上げられたことをPRしたほうが、商社転職を成功させやすいはずです。

商社の転職にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細



Copyright (C) 2013-2017 商社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.