商社に強い転職エージェントランキング

商社転職TOP >> 商社業界の転職の基礎 >> 商社転職<女性の場合>

商社転職<女性の場合>

商社に女性が転職することは難しいのでしょうか。かつて総合商社といえば、男性社会の典型例ともいえる雰囲気があったのは事実です。しかし現在は、商社に総合職として入社し成果を上げている女性も多く、こうした見方は少なくなっているといってよいでしょう。女性が商社へ転職する際には、一般職か総合職かで事情が異なってきますから、分けて考えてみたいと思います。まず商社に一般職として転職するケースです。一般職とは総合職の補助がメイン業務となります。商社によっては事務職と呼んでいる場合もあります。商社の一般職に転職したい場合、狭き門となるのは間違いありません。というのは、総合商社の一般職は、新卒以外で採用することはあまりないからです。一般職は女性が多いのが現状です。このため結婚などによる退職が珍しくありません。では欠員が出た場合、中途採用をするのかというと、商社の場合には若干事情が異なります。

一般職に欠員が出た場合には、派遣職員を活用するのが一般的かもしれません。大手総合商社はこうした傾向が強いといえます。どうしても総合商社で一般職として働きたい場合もあるかと思います。その場合には、転職エージェントを活用して、商社に強い派遣会社と接触して、まずは派遣社員として経験を積んでみるのも良いかもしれません。専門商社の場合には、一般職の求人も数多くあります。ただし、場合によっては一般職であったとしても、英語力が必要になる場合がありますし、貿易事務に近い仕事に携わる場合も存在します。派遣社員としてスキルを高めつつ、正社員採用のタイミングをうかがう、という選択肢もありそうです。

では女性が商社に総合職として転職したい場合、どうしたらよいでしょうか。まず商社で働いている総合職の女性も、数は少ないながらいるのが事実です。転職を希望する商社が、採用に値すると考えた場合、男性か女性かはそれほど問題にならないはずです。実際に、グローバル化・多様化がすすむ近年のビジネス環境に対応するため、外国人や女性の転職者を積極的に採用していく商社も増えています。とはいえ、総合商社において女性総合職の数はまだまだ少ないのが現状です。こうした中で女性が活躍するためには、どんな資質やスキルが必要なのかを研究していくことが、商社転職を成功させる秘訣といえるでしょう。また、女性の商社転職を成功させた実績を持つ転職エージェントを活用するという選択肢もあるでしょう。

商社の転職にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細



Copyright (C) 2013-2017 商社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.