商社に強い転職エージェントランキング

商社転職TOP >> 商社業界の転職の基礎 >> 商社転職<中小の場合>

商社転職<中小の場合>

大手の商社の場合、あれもこれもといったようにありとあらゆる商品を取り扱っていることが多いです。しかし中小の商社になると、幅広い商品を取り扱っていることは少ないです。専門商社と言って、ある特定のジャンルの商品に絞って事業を進めている所が多くなります。中小の商社は思っているよりも企業数は多いですから、意外と転職先の選択肢として豊富にあります。ですからどのような商品を取り扱っているのか、何の職種の募集なのかをしっかりと見極めて、応募先を決めると良いでしょう。

一般的に中途採用は即戦力になる人材を求めるので、すでに募集している業種・職種における実務経験を持っている人の方が有利と言われています。中小の商社も即戦力をとれるに越したことはないと考えている企業は多いでしょう。しかし大手の商社と比較すると、特殊なスキルを別に持っていない人でも採用される可能性は高いと言えます。「商社マンとして働いてみたいけれども経験が…」と思って躊躇している人はいませんか?そのような人は中小の商社の採用情報に着目しましょう。商社マンとしての経験のない人が中小企業に就職してキャリアを積み重ね、大手の商社に転職するというパターンはしばしばみられます。

中小の商社の企業分析をするためには、まずその企業が主に何を取り扱っているかをチェックすることです。商社での実務経験がなくても、その企業の取り扱っている業種で経験があれば、その専門的な知識・スキルを評価して採用される場合もあります。食品や工業製品、化学製品といったように様々な専門商社が見受けられます。まずはどの品目を取り扱っている商社かで絞り込みを行うと、自分が応募すべき企業も見えやすくなるはずです。

これからの時代、中小の商社で仕事をする人に求められるのはクリエイティビティと言われています。というのも商社の役割が徐々に薄れてきているからです。メーカーの中には商社を入れずに直販スタイルと取る所やEコマースなどのインターネットを介して、生産者と消費者を直接つなげるツールなども普及しています。間に企業を入れないことで中間マージンがなくなり、より商品を安く提供できるメリットがあります。

このため中小の商社が今後生き残っていくためには、「それでも商社を介して販売した方が良い」という点をアピールする必要があります。商社の中には、ホームページをはじめとしてメディアを活用したPR活動に力を入れているとか、ただの取引だけでなくプラスアルファのサービスを提供することで差別化を図っている所もあります。そのようなアイデアを出せる人材を中小は求めます。

商社の転職にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細



Copyright (C) 2013-2017 商社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.