商社に強い転職エージェントランキング

商社転職TOP >> 商社業界の転職の基礎 >> 商社転職<第二新卒の場合>

商社転職<第二新卒の場合>

大学卒業後、新卒として入社したものの、3年以内で離職するケースが多くなっています。大卒の場合の離職率は、3年以内で約3割と報道されています。新卒として入社し、3年以内で離職した場合、「第二新卒」と呼ばれることがあります。なぜ第二新卒になったのかは様々ですが、入社した会社でやりたい仕事ができなかったケースや、働いているうちに希望の業界が見えてきたケースが多いようです。また、内定取り消しなどによって第二新卒となってしまう場合もあります。では第二新卒で商社に転職するためにはどうしたらよいのでしょうか。

新卒の就職先として圧倒的な人気のある商社ですが、実は第二新卒の採用も積極的に行っています。というのは、憧れの商社に就職した新入社員でも、職場の雰囲気になじめなかったり、商社特有のタフな仕事内容に圧倒されたりして離職するケースが少なくないからです。こうした離職者の補充的な意味で、第二新卒の採用を行う商社も少なくありません。とはいえ第二新卒の転職先としても商社は相当な人気があります。ちなみに新卒の場合、大手の総合商社には1万通以上のエントリーシートが届くそうです。第二新卒を採用する際も、相当な数の応募が見込まれます。このため人事担当者の負担を避ける為、一般公開求人ではなく転職エージェントなどへの非公開求人で第二新卒の応募を受け付ける商社も少なくありません。

さて、第二新卒が商社に転職する場合、絶対に避けては通れないポイントがあります。それは現職をなぜ離職するのかについて、採用担当者を納得させられるかどうかという点です。どうしても第二新卒は「忍耐力が欠如しているのではないか」というレッテルを貼られることが少なくありません。商社転職の面接の場合にも、この点は必ず突っ込まれるポイントだと考えてください。加えて、入社後の数年間で自分がどのように成長したかもPRしていく必要があります。ただし、安心していただきたいのは第二新卒の場合、商社入社後は新人と同じ扱いになるのが一般的です。第二新卒を即戦力として採用することを考えている商社は少ないはずです。入社後3年前後では、やっと社会人としてのマナーができてきた程度でしょう。ビジネスの戦力として計算するには、入社後の研修などが必要となります。職務経験を問われることもありますが、これからの成長力を買われるケースのほうが多いでしょう。いずれにしても、採用試験は相当の競争率になります。転職対策はしっかりしておく必要があります。

商社の転職にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細



Copyright (C) 2013-2017 商社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.