商社に強い転職エージェントランキング

商社転職TOP >> 商社業界の転職の基礎 >> 商社で多い転職理由

商社で多い転職理由

グローバルな事業展開、能力を十分に発揮できるやりがいのある仕事内容、収入の良さなどで人気のある総合商社への転職ですが、総合商社への転職理由としてはそのようなものが多いのでしょうか。総合商社への転職理由として最も多いのは、「新卒採用の時に商社を希望したものの、内定をもらえなかったから」という理由でしょう。新卒者の就職先として、商社は抜群の人気を誇っています。入社希望者も多いため競争率も高く、涙を呑んだ方も多いはずです。また入社希望者が多いため、ある程度大学名などで絞っているケースも少なくありません。大学によってはエントリーすら出来ないケースもあるようです。こうした方のうち、他の業界に採用され勤務しながらも、総合商社に勤務したいという強い願いを持ち続けた結果、商社転職を考えるケースは少なくありません。

さらにキャリアアップが転職理由である場合も多いはずです。世界中で通用するビジネスパーソンを目指す場合、最も近道なのが総合商社といえるでしょう。ある総合商社の場合には、社員の約3割が海外勤務といわれています。現在の仕事で培った人脈とスキルを武器に、ステップアップを考える際、総合商社は魅力的な選択肢といえるでしょう。また、待遇の良さが転職理由になる場合もあるでしょう。大手商社の平均年収は1,000万円以上です。これは一般の企業に勤務していると、達成することは難しい数字といえるでしょう。達成するためには、部長クラスに昇進する必要があるからです。部長になるのは、同期の中でもほんの一握りのはずです。しかし商社なら、年収1,000万円は珍しくありません。

専門商社から総合商社へ転職する場合もあります。専門商社とは、商社の取扱品目が決まっている商社のことです。何かの品目が売上の半分以上を占めていれば専門商社といえるでしょう。例えば食品が売上の半分以上を占めていれば、その商社は食品の専門商社といえるでしょう。一方、総合商社は専門商社と比較して、取扱品目が多岐に渡るのが特徴です。とはいえ、総合商社は専門商社の複合体と考えることもできます。このため専門商社で培ったスキルを生かすために、総合商社へ転職を考える方もいらっしゃいます。また専門商社は、ある分野に特化しているため、突発的な事態に対応できないことも考えられます。つまり特定の物品が輸出入できなくなると、致命的なダメージを負ってしまうことがあり得るのです。この不安が、専門商社から総合商社へ転職する理由になる場合も少なくないようです。

商社の転職にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細



Copyright (C) 2013-2017 商社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.