商社に強い転職エージェントランキング

商社転職TOP >> 商社業界の転職の基礎 >> 商社で必要な能力・資格

商社で必要な能力・資格

商社に転職したい場合、必要な能力や資格があるのでしょうか。総合商社に転職を希望する場合、英語力は必要な能力といえます。ただし弁護士や公認会計士などの資格が必要かというと、必須資格があるわけではありません。このため総合商社への転職を考えているなら、転職のための資格取得はそれほど意味がありません。「商社イコール貿易」と考えて、通関士や貿易実務検定の資格を取得される方も多いようです。もちろん通関士や貿易実務検定の資格が、書類選考時や面接時にマイナスになるわけではありません。しかし資格を持っているから採用になるかというと、そうではないということです。実際に総合商社から出されている中途採用の求人情報を見ても、必要な資格が書かれているケースはほとんどありません。資格取得のために時間を使うくらいなら、その時間を他の分野に使用したほうが、商社転職はうまくいくはずです。

では、どの分野に時間を使用したらよいのでしょうか。英会話のスキルを上げる時間として使用するのも良いでしょう。また、総合商社の面接対策に使用してみるのも良いかもしれません。一言で総合商社といっても、実際は専門的な商社の複合体です。自分がどの部署で勤務したいか、明確なビジョンがない限り商社への転職を成功させることはできません。このため転職希望の商社がどんな分野で、どのような戦略で動いているのかを把握しておくことは重要になります。つまり商社の専門誌を読むことにより、流通や貿易の仕組みを把握することは、転職に必要な能力といえるでしょう。そしてその分野で、自分がどれだけの利益を生み出すことができるかの提案も考えておく必要があるでしょう。資格取得のために時間を用いるくらいなら、必要な能力を伸ばすために時間を用いたほうが、商社転職は成功するはずです。

ただし総合商社であっても、専門的な分野があるのは事実です。実際に大手総合商社はIT分野や金融分野といった専門性が高い分野に進出し、独自商品の開発に力を入れ始めています。IT系であれば、SE(システムエンジニア)やプログラマーの資格があれば商社転職に有利でしょう。金融分野であれば、FP(フィナンシャル・プランナー)や公認会計士の資格があれば転職活動を相当有利に進めていくことができるはずです。ただし資格を持っているからといって即採用されるほど、商社転職は甘くありません。採用後の具体的なビジョンを明確に提案していく必要があります。この提案力こそが、商社転職に必要な能力ということができるでしょう。

商社の転職にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細



Copyright (C) 2013-2017 商社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.