商社に強い転職エージェントランキング

商社転職TOP >> 商社業界の転職の基礎 >> 商社転職<異業種から転職>

商社転職<異業種から転職>

異業種転職をしてみたいと思っている人はいませんか?異業種転職をすることで自分の視野を広げたい、別の世界で実力を試してみたいと思う人もいるでしょう。異業種転職は転職する側にとってはステップアップするチャンスかもしれません。しかし他方で、雇う側にとってはリスキーな採用になりかねません。異業種転職は言い換えるならば、業種未経験者ということになります。このため、雇っても当面は業界のやり方を理解してもらうための教育に時間を費やす必要があります。

しかし業種別に見てみると、異業種転職に積極的な所もあります。その中でも代表的なのが、商社です。商社はいろいろなデータに基づくと、8〜9割の中途採用者が異業種からの転職と言われているほどです。商社の場合、特定の商品の仲介を行うのが主な役割です。つまり前職で商社の取り扱っている商品に関連する仕事をしていれば、異業種でもノウハウやキャリアを持っているので少しの教育で戦力として使える可能性が高いのです。

商社の異業種転職を見てみると、その大半が営業職になります。営業に異業種転職してきた人の前職はメーカー系です。自社で取り扱ってきた商品を、今度は売り込みをかける側に回るわけです。メーカーの営業だった人が商社の営業に転職するパターンが多いです。そのほかにはエンジニアで商社に転職するパターンもしばしばみられます。エンジニアが商社に転職する場合、技術営業を担当することが多いです。自分が担当している製品の取り扱いに関するアドバイス、クライアントの要望を聞いたうえでそれに見合った商品の提案を行うといったことです。製品不良の問い合わせに出向き、修理などを行うこともあるでしょう。

あと企画や事務系の一般職に関しても、異業種転職するスタッフが多いです。メーカーからの転職組が多いですが、その他にもサービスや不動産業界といったように、幅広い業界から商社の世界に足を踏み入れる人が見られます。一般職もほかの業種と比較すると、商社の収入は恵まれていると言われています。このような待遇面に魅力を感じて、異業種転職を希望する人も多いです。

ただしこの異業種転職をする場合、若い段階で活動を始めた方が良いでしょう。異業種転職に積極的な商社でも、年齢が上になるとよほどの経験や能力を持っていないとなかなか採用しないからです。20代、少なくても30代までには転職活動をスタートさせて、商社マンとして活躍できる舞台を確保したいところです。

商社の転職にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細



Copyright (C) 2013-2017 商社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.