商社に強い転職エージェントランキング

商社転職TOP >> 商社業界の転職の基礎 >> 商社転職の面接

商社転職の面接

新卒者の就職先としても転職先としても、商社の競争率は高いことで知られています。商社転職を目指す場合、まずは書類選考が行われます。書類選考をパスした場合のみ、面接が行われるのが一般的です。では商社転職の面接は、どのように行われるのでしょうか。まずは面接の回数です。商社転職の場合には、3回以上の面接があると考えてよいでしょう。一般的な話になってしまいますが、1回目は人事担当者との面接、2回目は採用予定部署の部長クラスと人事担当者との面接、3回目以降は人事部長や役員クラスの面接、と考えてください。もちろん、1回目の面接だけで不採用になる場合もあります。商社転職の場合には書類選考をパスして、面接までこぎつけるだけでも相当な努力を必要とします。この努力を無駄にしないためにも、面接対策は十分にしておく必要があります。

面接対策で重要なのは、面接する担当者を納得させることです。ちなみに「なぜ転職するのか」については、どの面接でも必ず聞かれるはずです。もちろん「現職にやる気がなくなった」という答えはNGです。この質問に対して、すべての担当者を納得させる答えを出さないと、次のステップに進むことはできません。これは商社転職に限らない話ですが、転職を希望してくる人というのは、それだけで偏見を持たれやすいものです。特に総合商社の場合には、扱っている取引額が数十億になる場合も珍しくありません。多額の損失を未然に防ぐためにも、採用する人間が本当に信頼に値するのか、厳しくチェックされるわけです。

商社の面接では、間違いなく聞かれる質問もあります。「自社にとってあなたはどのようなプラスをもたらすのか」という質問です。この質問に対して、具体的にプレゼンできなければ、内定はまず無理でしょう。今までの実績やスキル、人脈が商社にとってどのように利益をもたらすのか、できれば数字をあげて説明する必要があります。最後に、「やりがい」についての質問は間違いなくされるはずです。商社転職を希望する方のほとんどが「やりがい」を志望動機にするはずだからです。この点で担当者を納得させられるかどうかも、本当に重要なポイントです。いうまでもないことですが、無難な受け答えで内定がもらえるほど商社転職の面接は甘くありません。面接対策に万全を期すためにも、転職エージェントを利用してみることをおすすめします。転職エージェントを利用するメリットは、面接対策だけではありません。面接日時を休日や現職の業務に差し障りないような調整も行ってくれます。

商社の転職にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細



Copyright (C) 2013-2017 商社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.