商社に強い転職エージェントランキング

商社転職TOP >> 商社業界の転職の基礎 >> 商社転職<未経験の場合>

商社転職<未経験の場合>

新卒で商社へ就職を希望していたものの、不採用となり別の業界で働いておられる方も多いはずです。全く違う業種で働いていた場合、商社での業務は未経験である場合もあるでしょう。では未経験でも商社に転職することはできるのでしょうか。商社は海外での営業が中心となる、特殊性の高い職業ともいえます。このため未経験の場合には、大変厳しい転職活動となることは間違いないでしょう。しかし未経験である場合でも、正しいステップを踏むことにより商社への転職は可能です。未経験で商社に転職する場合には、大きく分けて2つのパターンが存在します。

まずは30代前半までの方が転職する場合です。この場合、未経験であっても商社が評価するポイントを押さえておくことが重要となります。まずは学歴です。大手の総合商社の場合には、有名大学を卒業していることは必須といえるでしょう。そうでない場合、書類審査をパスすることも難しくなります。ただし、大手でない総合商社や専門商社の場合には、高卒でもOKの場合が少なくありません。転職の場合に評価されるのは、学歴よりも職歴ともいえます。職歴についても、商社の採用担当者が評価するポイントがあります。それは営業経験の有無といえるでしょう。特に法人営業の職歴があれば、未経験であったとしても採用の可能性は高まります。商社であったとしても、基本は海外企業に対しての法人営業がメイン業務となるからです。もちろん、英語力は欠かせません。未経験であれば、TOEICスコアで850点程度は欲しいところでしょう。

30代後半から40代の方で、商社での業務が未経験の場合、転職はより難しくなるのが現状です。というのは、この年代の社員には、部下が複数いるのが通常です。自分自身のスキルだけでなく、部下の管理能力や教育能力も必要とされるからです。とはいえ、商社への転職が不可能なわけではありません。30代後半から40代の方が商社への転職を考える場合、教育担当経験と海外赴任経験が武器になります。この2つを商社の採用担当者にどのようにアピールしていくかがポイントになるはずです。また、培った人脈も商社の採用担当者が見るポイントの1つです。海外での人脈があれば、採用の可能性は高まります。もちろん、英語力は絶対条件です。いずれにしても、未経験で商社に転職するのは、楽ではありません。経験者ですら商社転職に苦労しているのが現状です。大手の転職エージェントを活用したり、業界紙を読んで研究したりする努力は必須といえるでしょう。

商社の転職にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細



Copyright (C) 2013-2017 商社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.