商社に強い転職エージェントランキング

商社転職TOP >> 商社業界の転職の基礎 >> 海外での商社転職

海外での商社転職

最近は海外に在住することは珍しくなくなりました。外務省の統計によると、海外に在住している日本人は約120万人もいるそうです。海外に在住する日本人が増えているということは、グローバル化がすすんでいることの証拠ともいえます。では海外に在住している場合、商社に転職することはできるのでしょうか。新卒だけでなく中途採用としても人気が高く、狭き門ともいえる商社ですが、実は海外に在住している場合には、倍率はそれほど高くないのです。これは現地採用というシステムがあるためです。現地採用者は、日本で採用されて海外に赴任する駐在員とは異なり、意外に採用されやすいのが特徴です。しかし現地採用にはメリットだけでなく、デメリットがあるのも事実です。

まずは海外の商社で現地採用者として働くメリットです。大手の総合商社であったとしても、比較的簡単に採用されることが少なくありません。憧れの商社で働くことも夢ではないのです。また、採用された国に居住し続けることができるのもメリットの1つといえるでしょう。日本人が国外で居住するためには、金銭面や手続面など様々な条件をクリアする必要がありますが、商社の現地採用ならその心配はないでしょう。採用時に経験の有無も問われないことも珍しくありません。このため、未経験であったり、キャリアが少なかったりする場合にも、商社の現地採用はメリットになるケースが多いといえるでしょう。

しかし商社の現地採用にはデメリットも存在します。給与体系が現地の事情に合わせられる場合がほとんどです。つまり物価が日本の3分の1の国であれば、日本での採用と比較して給料は3分の1以下になると考えてよいでしょう。一方、日本で採用されて海外に赴任する駐在員は、日本の基準で給料は支払われることになります。同じ仕事をしているのに、現地採用と駐在員で給料が10倍違うことも珍しくありません。また現地採用の場合には、企業の厚生年金に加入出来ないケースが多いといえるでしょう。さらに、商社が採用された国から撤退する場合、雇用契約は終了するのが一般的です。この際、退職金や失業保険が支払われることはないと考えてください。以上のメリットとデメリットを知ったうえで、海外で商社転職をしたい場合、転職エージェントを利用してみることをおすすめします。海外の現地採用は、一般の求人情報誌に掲載されることはありません。転職エージェントなら、定期的に商社と接触し、求人情報を持っています。まずはエントリーして、担当者から話を聞くことをおすすめします。

商社の転職にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細



Copyright (C) 2013-2017 商社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.