商社に強い転職エージェントランキング

商社転職TOP >> 商社業界の転職の基礎 >> 商社転職での英語力

商社転職での英語力

総合商社は、グローバルに事業展開をしています。部署によっても異なりますが、英語を使用しない部署は無いといっても過言ではないでしょう。実際、ほとんどの総合商社で新卒を採用する条件としてTOEICの最低スコアを掲げています。具体的にはTOEICスコア600点以上が求められるはずです。もちろん、このスコアは最低条件です。英語圏に赴任し、英語をフル活用する部署では、TOEICスコア700点以上が求められるといって良いでしょう。英語力が不十分だと、入社してからも大変です。例えばある総合商社では、入社後のTOEICスコアが600点に満たない場合、昇進や昇給などが行われないシステムになっています。さらに、非英語圏に派遣される場合にはTOEICスコアが600点以上、英語圏に派遣される場合はTOEICスコア700点以上が必要となります。つまり英語力が足らないと、出張すらできなくなる可能性があるのです。

もちろん、商社転職にも英語力は必須です。書類選考時にTOEICスコアを証明する書類を添付するのが一般的です。商社側が設定しているスコアに届いてない場合、書類選考で不採用となるのは間違いありません。特に転職の場合にはTOEICスコア以上のものが求められるといって良いでしょう。ビジネス英会話やビジネスレターのスキル、貿易英語のスキルが求められることが一般的といえます。ただし、英語力だけで商社転職を成功させることは不可能です。英語力は最低条件だと思ってください。

では、英語力が低い場合には、全く転職することは出来ないのでしょうか。実はそうではありません。総合商社は基本的にいつも、中途採用を考えています。自社に利益を生み出す人間であれば、いつでも確保したいというわけです。例えば、特定の国で資源開発を計画している場合、その国で駐在経験があり豊富な人脈を持つ人材がいれば、すぐにでも採用するはずです。この場合、英語力はそれほど問題となりません。問題となるのは、商社のニーズに合った人材かどうかということになります。この点で商社側は時々、大手転職エージェントの担当者と接触し、情報交換をしています。このため、大手転職エージェントの担当者は、総合商社がどのような人材を求めているかの情報を持っています。それも複数の商社の情報を持っているはずです。この情報を活用することが、商社転職を成功させるカギとなりそうです。もちろん、転職エージェントは商社転職に必要な英語力の基準も知っていますので、英語力が足らないと感じている方も一度登録して情報を得てみることをおすすめします。

商社の転職にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細



Copyright (C) 2013-2017 商社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.