商社に強い転職エージェントランキング

商社転職TOP >> 商社業界の転職の基礎 >> 商社転職<50代の場合>

商社転職<50代の場合>

結論から言いますが、50代で商社に転職するのは決して簡単なことではありません。50代の転職が厳しいのは、雇う側から見ればお分かりになるでしょう。50代の人材をとったとしても、10年ちょっとすれば定年になります。せっかく人材をとっても、長いこと会社で活躍するのは難しいです。しかも50代の人、それなりのキャリアを持った人を雇うとなるとそれなりの待遇でもてなす必要があります。50代の人を商社が雇う場合、年収300万円といった条件ではなかなか納得してもらえないはずです。このようにリスキーな面が高いので、50代の人材を雇うくらいであれば、若い人をとって自分たちで育成した方が良いとなってしまいます。

ただし50代の方でも商社に転職できたという成功事例もインターネットでいろいろと紹介されています。50代になると、人の上に立って仕事をするポジションになるでしょう。そこでどのようなマネージメントキャリアを有しているかが重視されます。どのくらいの部下を動かして、どのような仕事をしてきたか、自分が取り仕切っているセクションでどのような実績を上げられたかといった部分を職務経歴書にまとめておきましょう。

50代の中でもたとえば技術畑をずっと歩いてきた人は、このような管理職経験に乏しい、管理職と言っても部下はあまり多くなかったという人もいるでしょう。しかしマネージメントキャリアが十分でなくても、一つのジャンルで長年仕事をしてきた人の中にはその道のスペシャリストと言っても良いような高い専門的知識・スキルを持っている人もいるでしょう。この知識やスキルを正に募集を出している商社の求めるものであれば、採用される可能性もあります。50代で転職する場合には、自分のキャリアを見直してみて、どれが売りになるのかをよく見ることです。そしてセールスポイントを転職活動の中で、いかに前面に押し出せるかがポイントになるでしょう。

日本は長いこと景気がなかなか好転しない状態が続いています。このような状況で商社もおいそれと安易に中途採用はしません。20代や30代の転職しやすいといわれる若い世代でも、なかなか転職先が見つからないというケースも多いです。50代の場合、長期戦も覚悟しておく必要があるでしょう。50代にもなると家族を持っている人も多いはずです。このように転職活動は決して楽な道のりではないので、事前に家族に相談をしてよく理解してもらうことも大切なことです。

商社の転職にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細



Copyright (C) 2013-2017 商社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.