商社に強い転職エージェントランキング

商社転職TOP >> 商社業界の転職の基礎 >> 商社転職<40代の場合>

商社転職<40代の場合>

40代で商社転職を考える場合もあるでしょう。一般的に40代といえば、順調なら管理職になっているはずです。当然、転職を希望する商社側も管理職クラスでの採用を考えているはずです。現職において、もし管理職クラスでないとしたら、商社転職はほとんど不可能だと考えてください。もちろん法曹資格やMBAなどグレードの高い資格を持っている際は例外もあります。ご存知の通り、商社でも管理職のポストはそれほど多くありません。つまり、採用の人数そのものが絶対的に少ないことが、40代での商社転職の特徴といえるでしょう。どれだけ優秀な人材であったとしても、採用する商社側に受け入れる余地がない場合だってあるわけです。つまり40代での商社転職では、個人の資質や能力もさることながら、タイミングも重要になってきます。このため、転職は長期戦を覚悟してください。書類審査をパスして、1次面接、2次面接と順調に進んだ場合でも「ポストがない」という理由だけで採用を待たされたり、不採用になったりするケースが少なくないのです。半年程度で内定が出れば、商社転職は大成功といえるでしょう。

専門商社から総合商社への転職でも、異業種から総合商社への転職の場合でも、40代のビジネスパーソンは現職において多忙を極めるはずです。もし現職で多忙でないとしたら、おそらく商社転職は成功しませんし、万が一成功したとしてもその先のステップはないと思ってください。商社勤務とは、そういうものです。40代は部下の面倒をみたり、教育したり、離職が決まっている場合には引き継ぎや残務整理に追われているはずでしょう。ところが40代で商社転職を考える場合には、様々な商社にアプローチする必要があります。採用の可能性が20代、30代と比較して少ないのは残念ながら事実です。可能性が少ない分、機会を増やすためアプローチする商社の数を増やす必要があるといえるでしょう。

このため商社転職を成功させるためには、商社ごとに対策を考える必要があります。この対策を考える時間が、忙しい中ではとりにくいはずです。また管理職ともなるとアドバイスされる機会がぐっと減り、自分のことを客観的に見ることが出来なくなっているのも事実です。こうした態度が面接時に見え隠れし、採用に不利に働くことがあるのです。忙しい時間の中で転職対策をしっかり行うためにも、知らず知らずのうちに身についてしまったマイナス点となる態度を改めるためにも、転職エージェントを活用してみるのが良いでしょう。転職エージェントは、ポストそのものが少ないといわれる40代での商社転職について、最新の情報も持っているはずです。

商社の転職にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細



Copyright (C) 2013-2017 商社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.