商社に強い転職エージェントランキング

商社転職TOP >> 商社業界の転職の基礎 >> 商社転職<30代の場合>

商社転職<30代の場合>

30代で転職活動をしていると、「せめて20代のうちに来てくれれば」と採用担当者にいわれることも少なくありません。では30代で商社転職を成功させることは可能なのでしょうか。もちろん、不可能ではありません。正しいステップを踏めば、商社転職を成功させることは十分に可能です。しかし、これは商社に限らず一般的な転職全般にいえることですが、30代の転職は未経験業界への転職は難しいとされています。商社も同様と考えてよいでしょう。未経験の場合には、商社転職は相当ハードルが高いはずです。

もし30代で商社転職を考えておられるようでしたら、早めに動くことをおすすめします。というのは35歳を過ぎると、転職は一気に難しくなるからです。35歳を過ぎると、基本的には係長、課長クラスになっていきます。自分の能力はもちろんですが、部下をマネジメントする能力も必要になってきます。そう考えると、一般的に商社へ転職する際に必要とされる能力である英語力や個人のスキルに加えて、マネジメント力や教育力も採用担当者にPRしていく必要があります。つまり、30代の転職と一言で言っても、30代前半と後半では、求められる役割が異なっていることになります。ちなみに30代前半の商社転職の場合には、ある程度異業種から転職するケースも多いといえるでしょう。例えば法人営業の経験がある営業マンは、商社転職に有利に働くはずです。また、専門商社から総合商社に転職を考えている場合でも、職務内容によっては有利になるはずです。ただし、それなりの職務経歴は必要とされますし、高い英語スキルが求められるのは言うまでもありません。

実際に30代で商社転職に成功した人たちは、入社後のハンディキャップはほとんどなかったと回答しています。30代であれば、入社後も職場になじみやすいはずです。30でマイホームが立ち、40で墓石が立つといわれる総合商社の激務にも、30代なら間違いなく対応できるはずです。こうした意味で、商社の人事担当者も30代を採用したいと考えているのも事実といえるでしょう。ただし、繰り返しになりますが職務経歴をどうアピールしていくのか、面接対策や職務経歴書の書き方などには細心の注意を払う必要がありそうです。ちなみに転職エージェントを活用することによって、ある程度商社転職を有利に進めることができます。特に30代の商社転職は一般公開求人となることはまれです。こうした採用の動向も含めて、転職エージェントなら役立つ情報を持っているかもしれません。

商社の転職にも強い!転職サイトランキング!

  サービス名 対応エリア オススメ度 運営会社 詳細
リクルートエージェント 全国 ★★★★★ 株式会社リクルートエージェント 詳細



Copyright (C) 2013-2017 商社に強い転職エージェントランキング All Rights Reserved.